初めての彼が出来るチャンス

高校生になったばかりの私は、どう男の子に接すればいいか分からず、突っ張ってしまうタイプでした。
その割には好きな男の子の前では無口になってしまい、そうでもない男の子の前ではズケズケする可愛くない女の子で、これを治すのにはその後何年もかかるのですが、私が高校一年生の時に出会った男の子、Y君。彼には彼女が居て、かっこいいのですが、「ちょっと私服がまずいね」と評判の男の子でした。制服だとかっこいいのですが、私服で会うとちょっと…、というタイプです。おしゃれにうるさい16歳、私はあまり好きにはなれずにいました。
でもすごくいい人で、なぜか私にはめちゃくちゃ優しかったんです。
周りの友達も「アイツは絶対あなたの事好きだよ。」と私に言ってきました。
「でも彼は彼女がいるからね〜」と私話しを流していましたが、やはり優しくされると弱いもので。なんとなくYを意識をしはじめていました。

でも、「私服がまずい!」というのは許せませんでした。
ある日、Yが彼女を泣かしているのを学校の中で見かけました。
「あ…。ケンカしてるのかな?」と友達と話しながら、コソコソとその場を過ぎ去りました。女の子をいじめたりするタイプでは無かったので、なんか意見が合わなかったのかな?なんて恋愛した事ない私は考えていました。

私の家は門限が厳しく、高校生になっても「オール」で遊ぶという事をした事がなく、ある日そのチャンスがやってきました。

none