Home 読書感想文が苦手

 
読書感想文を書く事が得意な人とそうでない人は何が違うんだろう?
僕は昔から読書感想文を書くのが苦手。毎年夏休みには宿題として出されるし、国語の課題としてもよく出題されます。それが毎回嫌でイヤで苦痛になっていました。

そんな僕に、ある学校の先生がしてくれたアドバイスがあります。
「感想文の内容を考えるよりも、先に読んでいる本を好きになれ。」と言う事でした。
僕は本は漫画しか読まないし。当時流行っていた「ドラゴンボール」や「幽遊白書」「スラムダンク」くらいしか読んでいませんでした。
その事を先生に話すと「先生はドラゴンボールも、幽遊白書もスラムダンクも知らないから、その漫画が先生にも理解できるように、わかりやすく読書感想文を書いてこい」と言われました。
それならできる!と僕は思い、帰宅してからさっそく読書感想文を書き始める事に!

いざ書きだすと「あれはどんなだったかな」とか「ここはどう表現したらいいんだろう?」と言う疑問が出て来て、本棚にある漫画を開いてみました。
そして気が付いたら夜も遅くなり、読書感想文を一切書くことができませんでした。 

none